絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 11月 07日 (火)
僕はが怖くないです。この記事を書いてる今現在。
 でも自殺は考えてません。

 「=怖いこと」という図式が一般的だとしたら、「を恐れない」ことは勇気があること。あるいは、が怖くないって書くことは勇気を誇示しているように解釈されることもあるでしょう。僕がブログで2番目に書いた記事、「自殺」でコメントを下さったタニシさんもを選択することは勇気がいると感じてるように見受けられます。

 でも、が怖くないのは勇気があるからではなく、生に対して臆病だから。
 
 生と死が表裏一体とすると、僕は生に対して執着が薄いのです。昔、いい思い出がない。将来、先行きが暗い。ともすると、生きることに否定的になる。生が嫌なら?残った選択肢は死です。

 だからといって自殺は考えていません(誤解を招きそうなので強調)
 まず、僕に対する莫大な養育費を支払った親に申し訳ない。義理と呼べる感情でしょうか? 
 あと、僕が今死んでも、葬式に来る人は少ないと思います。知人、友人が少ないし、同級生との関係も薄いので。葬儀の故人として、気まずいです。正直僕はそれほどたいしたことないですけど、家族はとても気まずいでしょう。これは見栄という感情でしょう。

 実際問題、死んでしまえば生きているときの価値観も関係なくなる気がします。死後の世界が無であれ、天国や地獄であれ、輪廻転生であれ、清算されますから。でも、義理や見栄にとらわれているのは、僕が生きてる間の価値観から抜け出せない、ということなのかもしれません。なので、自殺はまったく考えてないです。

 この記事、自殺志願者を代弁しているように読まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような意図はまったくないです。個人的な気持ちとして書きました。他の方は分からないので。

 僕が死にたいと思ってる時期だったら、Mr.Childrenの曲『HERO』であった

  例えば誰か一人の命と
 引き換えに世界を救えるとして
 僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ
 
 
こんな状況なら名乗り出るでしょう。みんなを救いたいという尊い自己犠牲というより、この場合なら、僕の死は肯定されます。死にたいけど死ねない人間にとって好都合になり得ます。そんなことを考える自分は特別だと微塵も思ってません。日本には名乗り出る人が多数いて、一人の命に立候補しても、なかなか選ばれない事態を想像するからです。
2006年 11月 04日 (土)

 ブログのタイプを3つ考えてみた。
 日記タイプ-その日の出来事など、タイムリーな記事を書く。
 エッセイタイプ-時系列の影響はあるものの、日記型ほどじゃない。思ったことを書く。
 テーマタイプ-たとえば日本史とか。テーマに沿って書く。テーマによって時系列が重要か変わる。

 いきなり、3つのタイプを例示したけどこの分類が網羅してるとも、画期的だとも思わない。なのに、なぜ書いたか?この次のパラグラフで言いたいことを説明するための部分。


 要は、僕がエッセイタイプに近いこと。タイマー投稿でまとめ書きがしやすくなって良かった。これが言いたかった。FC2ブログの管理画面を見たことない方はタイマー投稿ができるようになったこと、恐らくご存知ないでしょう。タイマー投稿とは記事に公開する時刻を指定することで、任意の時刻に公開できるようになった。我ながら分かりにくい説明。ビデオを想像してみてください。以前は、放送してる時間に録画ボタンを押さないといけなかったのが、タイマー予約を使えるようになった。例えとして間違ってないですよね?

 日記タイプに近いブロガーはタイムリーな記事を公開したいので、「書いてすぐ公開」になりやすいでしょう。僕は時系列があまり関係ない記事を多く書く。あとまとめ書きしたいタイプ。
 たとえば1月1日に5つ記事を書いたとしましょう。1月1日に5つ記事を公開するか?1月1日~7日の間で1、2、3、5,7日の5日に分けて投稿するか?読む側だと、あまりこだわりはないんですけど、書く側としては後者、1月1日~7日の間で1、2、3、5,7日の5日に分けて投稿したいんですよね。自己満足の問題w 更新間隔を空けたくないってことかな。タイマー投稿以前は、1月1日に5つ記事を書いても1、2、3、5,7日の5日、管理画面を開いて投稿の設定をしなければいけなかった。それで、まとめ書きしたくてもわざわざ投稿だけするために管理画面を開くのは面倒なので、あまりしませんでした。タイマー投稿ができてからは、1日に設定すれば後は自動。いやー最高です。

 ちなみにこの記事も公開予定は11月 4日ですが、10月29日に書いてますw


 まとめ書きタイプで更新間隔を空けたくない方はタイマー投稿をご利用してみては?(ちなみにFC2しかタイマー投稿は確認してません。他のブログサービスでは利用できるか分かりません。)
2006年 11月 02日 (木)

 制度に対して。
 社会に対して。

 議論する場合、3つに違った次元に分ける必要があると思う。


 理想論-さまざまな制約を排したとき、どうすれば制度がベストか。
 現実論-現行の制度がある。その制度の下で現状がある。
      現実的にどう改善すればいいか。

 現行(現状)論(日本語的にピンとこないけど、流れからこの表現を使いました。)
      制度の良し悪しはあるけど、その制度の下にいる人はどうすればいいのか。


 そして、3つの関係性はまず、理想論がある。理想論はすべて実現できるか限らない。しかし、理想がなければ、現実論の指針が見えない。理想論を指針としておきつつ、実現可能性が高い部分を現実論に還元する。
 現実論と矛盾していても、特定の制度の下の現状で生きていかなければいけない場合がある。人がいる。矛盾が見えていても、次の行動の選択をせまられる。ここでどうすればいいかは、現行論。
 理想論→現実論→現行(現状)論。この関係性が僕の考えるベスト。

 
 3つが混在する問題点

 現行(現状)論が理想論に置き換わる。
 
  単に保守的なことが論拠になる。「こうだったんだから、これがいいんだ。」現行の制度の下、現状を肯定したい心理から、現行(現状)論を肯定。理想論=現行論になる。現実論の現実を改善していく流れが妨害される。

 理想論と現実論、現行(現状)論とのすれ違い
 
理想論を現実論として語ってしまうと、そんなの無理、と現実論サイドから否定される。理想論として、現実論の指針として役立つかもしれないのに。また、理想論をそのまま現行(現状)論として考えると、実際、特定の制度の下の現状で生きていかなければいけない場合、不利益な選択肢になるかもしれない。



 とまあここまで具体的な事例を出すべきだとも思ったけど、情報量が少なく書けなかった。知識のインプットが足りないことを痛感。
2006年 10月 31日 (火)

  嫌でもやらなきゃいけないことがあって、それをどう実行していくか。怠け者の僕にとってはこのブログのテーマの一つでもありました。できる人からすれば、とにかくやれ、行動しろって話かもしれないけど、怠け者で頭でっかちな僕の場合、このブログで解決策の仮説を作っては、実行できず、忘却し、その繰り返し。

 どのぐらい怠け者かといえば、廃人生活になりつつあります。最近、部屋も散らかってるし、学業もシューカツも全然手をつけてないし、煙草は2箱以上吸うし、たいして授業とってないのに出席率は50%以下だし、自炊しないでコンビニ弁当ばっか買ってるし・・・・・

 別にネガティブな記事にしようとしてないですよ、これ。
 また懲りずに解決策の仮説を書く記事ですw

 嫌でもやらなきゃいけない事、行動に踏み切れないのは行動にネガティブなイメージがあるからだと思う。毎朝ランニングをしようと決めたとする。朝早く起きたはいいけど布団から出て寒い思いをし、めんどくさいランニングなんかしたくない。こういう感じかな。

 じゃあ、嫌なことを好きなことに変えるように唱えてみる。「俺はランニング大好きだ。早起きしてランニングするのは気持ちいい。」この方法は人によってはありなんでしょうけど、僕には無理。個々メンタルは違うでしょうし。これははねかえされる、弾力性。ランニング大好きだ暗示で4日間表面的に、早朝ランニング大好きなことにして、やったとしますよね?でも深層心理は変えられないというか、むしろ抑えつけられた嫌だ嫌だという気持ちの反動がある。もう1年くらいランニングしたくないってなる。ダメ人間?否定はしないけど。

 じゃあ、どう向き合うか。そこで思いつくのはサウナ。サウナ入ってる時間が気持ちいいというより、暑い空間から出たときの開放感。暑い空間を長く我慢したという自己満足。風呂上りのビールのうまさ(僕の場合です)。
2006年 10月 29日 (日)

 僕はこのブログで笑いを意味する「w」を結構つける。

 自分で書いて自分で笑うなんて気持ち悪い。
 あなたが思うほど面白くないよ。
 全然笑えないし。

 
そんな幻聴が聞こえた。


 誰に対する言い訳なのか、自分でもよく分からないけど、被害妄想の一種なのかもしれないけど、自己弁明しますw

 TVのバラエティやラジオで笑い声入ってるでしょ?
 そんなもん。効果音のようなもの、「w」は。面白くなくても。雰囲気作り。

 あと、
 うわーもう死にたい。
 うわーもう死にたいw

 「w」があるのとないので全然ニュアンスが変わるでしょ?

 顔文字って自分が使うことに違和感あるから使ってないけど、あれは画期的だと思う。顔が見えない文章だけだと、ニュアンスが伝わりにくい。逆に言えば直接対面の会話の表情、声のトーンがニュアンスを伝えてくれている。顔文字はニュアンスを伝えるのに便利。

 「w」で少しでもニュアンスが伝えればいいな、そんな言い訳
2006年 10月 28日 (土)

 前々からメールフォーム設置を考えていたのですが、ものぐさな性分でずっと遅れていました。ようやく設置しました(遅れすぎw)。

 ブログはじめて思ったことなんですけど、コメントという形で皆さんからメッセージをいただいてますが、コメントは記事に対するメッセージということで、記事に直接関係ないこと、例えばブログ全体についてのご意見、ご批判、ご感想などの窓口がありませんでした。今回設置したので、僕に記事に関係ない内容や連絡を伝える機会がありましたら、ご利用ください。

 あと、設置したのはリンクについてってこともあります。当ブログがリンクフリーなのはいいですが、問題になるのは逆に僕がリンクする場合、勝手にしたリンクに対して外して欲しいと希望されるときの窓口がなかったなあと。今後はメールフォームを通じてどしどし連絡ください。事後確認です。メールを読み次第、迅速に対応します。

 なぜか堅苦しい文章になってしまいましたが、要は、「勝手にこのブログをリンクしていいし、僕も無許可でリンクします。だから、リンクを外して欲しいときはメールフォームを通じてどしどし連絡してください」、ということです。

 ということで今後はよろしくお願いします。
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。