絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 06月 14日 (水)
 

    本当に欲しいものが見つからない、もしくは本当に欲しいものが自分には手が届かない、と絶望すると人間は無気力になるんじゃないだろうか。精神疾患が無気力の原因の場合はこの考え方ですべて説明できないかもしれないが。

 願いを叶えることは、蜃気楼を目指すことに似ている。(リンク先:「+不条理な世界+」)理想郷を求め、そこに到達さえすれば満たされると想像しながら。着いた瞬間は狂喜乱舞。苦労したかいがあった。でも、それは幻で冷静に周りを見渡すと実は砂漠だった。

二車線の国道をまたぐように架かる虹を
自分のものにしようとして
カメラ向けた

光っていて大きくて
透けている三色の虹に
ピントが上手く合わずに
やがて虹は消えた

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間にその姿を消すんだ
(Mr. Children「蘇生」より)

  人間の欲望は脳に浮かんだ幻影を追いかけるようなものだ。


「欲望の機構」
1)期待(幻影が浮かぶ)
2)追求(どうすれば幻影を)注:1)と並行して 
3)達成(幻影を具現化)
4)消費(具現化した喜びを消費していく)
※ひとつの1)~4)が終わるとまた別の機構

 1)~4)のような機構を対象(現実)世界に投射させたり、させなかったり(小説とか)。機構を対象世界に投射した例としてサッカーの試合を想定してみる。
 サッカーの試合をとって見ても長いスパンでみれば練習~試合からJリーグのシーズンもこの機構が働いているし、短いスパンでみれば1つの試合内でも考えられる。1つの試合を題材として、思考を続けてみる。
2006年 06月 10日 (土)

 できることなら、なるべく苦しまずに生きてたいものだ。無駄に苦しんでた記憶があるし。嫌々やってた習い事、やんなくても良かったような。今になっても別に役にたってない。

 無駄に苦しんだ気がしたから、意味のない苦行を避けてる。その発想の延長かなんなのか行動のハードルが高くなってる、苦しさ・不快を基準としたハードル。要は、苦しいから面倒だからやりたくないってよく思う。会社に入ったら通用しないよ?そうだね。

「苦しいことを頑張った後に本当の幸せがある」

 そういう言葉を信じていない。「苦しむ」プロセスを経由しなきゃいけないゴールが沢山あって、結果的にそうなることが多くても「苦しむ」と「本当の幸せ」が絶対的な因果関係じゃない。そりゃあ、サウナいっぱい入ったあとビール飲んだらうまいかもしれないよ。でも、スポーツ観戦しながらビール飲んでもやっぱりうまいと思うよ。
 むしろ、「苦しむ」プロセスを通らざるえないことの言い訳に感じる。生きるために「苦しむ」プロセスをいっぱい強要されること、あまり褒められないシステムじゃないの?

 僕は好き好んで苦しみたくないよ。マゾじゃないから。だけど苦しいから面倒だからやりたくないってよく思う状態は良くない。行動の選択肢を狭めてる気がして。すぐハードルを越えるのが面倒で頓挫するから。「苦しみ」を拒まなければ人工的なストーリーがやりやすいはず。
 そのために積極的に苦しむくらいの気持ちで。

 だけど、先の「苦しいことを頑張った後に本当の幸せがある」とは違うよ。「楽しいことを頑張った後に楽しみがある」ほうがいいし、理論的には可能でしょ?現実的には楽して生きたいと願っても、子煩悩な大富豪の息子とかでないと厳しいけど。仕方なくこうする。僕も前に踏み出すと「苦しさ」が溢れてる世界にいるから。そこで前に進むためにね。

 そうやって「苦しみ」を受け入れて、報われることを信じるよ。まるで天国に行きたいがため
に教義を遵守するみたいに。天国に行ける保証はない。だけど、最終的に幻想を追いかけて苦しんだほうが無為に苦しいよりいいって考えだから。




copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。