絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 07月 19日 (水)
この記事は僕のesに充てたメッセージの返答です。

ぶらうざへ。

 納得しねえよ。嘘でもいいから夢を見せろよ。

 俺が望むものは与えられない?結果にこだわってるのはてめーじゃねえか。

 形にはこだわらねえよ。欲しいのは夢なんだよ。衝動なんだよ。
        新しい世界なんだよ。未知の今まで味わったことのねえ感覚なんだよ。

 うるせーよ。俺を抑えつけんなよ。窮屈で死にそうなんだよ。

 なにが「仲良くやっていきましょう」だよ!

 
お前になんか生まれたくなかった。いっそ死ねよ。俺ごと殺せよ。

 苦しいんだ。苦しいんだ。窒息しそうなんだ。
 
 ずっと喋っていたいんだ、俺は。なのに俺の口を塞ぐな!だんだんうまく喋れなくなってくるんだよ。だんだん声が届かなくなってきてるんだよ。

 来もしねえ未来なんか待ってられっか!

 
まだ、俺の声が聞こえるうちに一言言っておく。

 俺は形にはこだわらない・・・・

 es の声、途中で途切れた。もう、僕には聞こえない。形にはこだわらないのか・・・君が望むもの、創れればいいけど。なんか、自分が不良品に思えてきた。動力 源が目標達成に適応しない機械。治せるかな?これを読んだ方、寒い一人芝居だと思われてないですか?否定はしないです。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[esとは、内なる自分・・?]
朝も早くから遊びに来ました。おはようございます。
記事を読んでなんだか読み流して行くことができなかったのでコメントさせてください。
この「es」は自我。内に秘めたもう一人の自分・・ですか?
それなら尚更・・・どうしてだろう。私にはぶらうざさんの「es」の気持ちが私の中の「es」と共鳴しているような気がしてなりません・・。ゆっくり、鉛のような重い一歩を一生懸命踏み出し歩いている自分を、嘲笑、自嘲、カツ?または敵意をむき出しにして、自我を・・自分の存在を主張しようとしているような・・言葉で旨く現せないもう一人の自分・・。
私にも、確かではないけれどあります。彼?または彼女のような存在が。妙なコメントになってしまうかもしれませんが、それでも・・ぶらうざさん、自分を不良品なんて言わないで下さい・・!
そんな言い方、一生懸命生きている自分の存在を真っ向から否定しているようで悔しいじゃないですか!今まで色々経験して、泣いて悔しんで、楽しんで、面白かった事は、紛れも無くぶらうざさん自身の「キモチ」なんですよ?「心」なんですよ?!
確かに、自分の中の「es」はいつも自分とは全く違う、または自分を否定しきるような考えを持つのかも知れません。
でもそれは、貴方を追いつめる為じゃなく、きっと何処かで貴方に期待し、自分が言えないことを叫び、見守りたいという気持ちを不器用に現した感情もまじえているんじゃないでしょうか?
自分の苦しみや屈辱、悲しみや・・色々な不の感情を全て完璧に理解している自分の中の自分「es」。
これは私なりの意見なので、ぶらうざさんが違う、といってしまえばきっと違うもの。ぶらうざさんの視点から見て、聞いて、生きて、その内側にいるからこそ、「es」は否定的な言葉で自我を現す。
それが例え本心であっても、なくても、貴方の一部にはかわりないと知った上で。
きっと「es」は「自我」というもので在るからこそ、もしかしたらぶらうざさんの本当の葛藤を知って、理解したうえでわざと否定的な発言で追い込んでいるのかも知れない・・そう思います。
私も葛藤するときがあるから言える・・きっとぶらうざさんの何倍も小さいけど、彼は貴方の完全な敵じゃない筈です。
柔らかい言い方ができない、不器用な影の心の君臨者なんじゃないでしょうか?
あわっ、長々コメントすみませんでした!それでは!!
2006/ 07/ 19 (水) 05: 50: 58 | URL | 退け腰ソルジャー♀ # q.EYgxHo[ 編集 ]
[影の心の君臨者]
退け腰ソルジャーさん、おはようございます。(返信してるのは昼ですが)
>この「es」は自我。内に秘めたもう一人の自分・・ですか?

僕の欲望の源、動力源ということで使いました。無意識の自分・・・そういう意味ではもうひとりの自分ですね。

>自分を不良品なんて言わないで下さい・・!

自分のことを不良品だと言ったのは卑下でも謙遜でもなく、記事を書いたときの本心です。悔しくないか?言われてみて、なんで僕は悔しくないんだろ?と思いました。自尊心が薄れているようです。

>でもそれは、貴方を追いつめる為じゃなく、きっと何処かで貴方に期待し、自分が言えないことを叫び、見守りたいという気持ちを不器用に現した感情もまじえているんじゃないでしょうか?

それは、きっとそうなんじゃないかな。でも、記事内ではesの声、途中で途切れちゃいました↓どうすればいいのか聞きたかったのに。答えが知りたかったのに。

>彼は貴方の完全な敵じゃない筈です。
>柔らかい言い方ができない、不器用な影の心の君臨者なんじゃないでしょうか?

その通りです。僕の一部です。僕の苦しみは彼の苦しみでもあるはず。でも、彼の期待に応えるのは難しい・・・・・・だから、彼の声を聞こえないふりしてたようですね。

もっと、心の奥底の声聞いてみる気になりました。だからといって、思い通りに生きるのも難しいと思うけど。どうやって自分の中でバランスをとっていけばいいか、日々、模索中です。

>あわっ、長々コメントすみませんでした!それでは!!

僕もあなたのブログに長々とコメントしたのでw構いませんよ、むしろ嬉しかったです。
2006/ 07/ 19 (水) 14: 02: 21 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。