絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 07月 15日 (土)

 僕が高校の頃、街で、金網で囲まれたバスケやサッカーのゴールなんかがある広い敷地があって、よくそこで遊んた。とくに3on3をよくやってたな~。でもバスケやサッカーだけじゃなく、いろいろなことをした。メンバーも身内だけじゃなくて、適当に集まったストリートの仲間も合流して。楽しい場所だった。まあ、思い出の場所ってやつだ。ところが、最近久しぶりにそこを訪れたらだいぶ変わってた。敷地が狭くなって、バスケのゴールだけ。なんか寂しい。

 今回は↑のようなイメージの話(そんな思い出ありません。ストリートって言ってみたかっただけ)

 僕が高校の頃、某匿名大型掲示板の「のほだめ板」によく行ってた。社会適応力、職場や学校の能力、対人関係、恋愛・・・自分でだめ人間だと定義する人が集まっていた。上にあった「無職・だめ板」が深刻なのに対し、その頃ののほだめ板はもうだめすぎるから逆に諦めて、まったりしましょう、といった空気に溢れていた。異性に声をかけられても、事務的に返答する・・・とか「もう諦めてひたすら目立たず生きましょう」という内容のテンプレがたくさんのスレに貼られてた。その頃は某匿名大型掲示板も今よりアングラ感があったしMMOやSNSが今ほど盛んじゃなく、そこへの依存度が高い場所だったと思う。僕も文字通りのほだめ板の住人になっていた。のほだめのどのスレを見ても自分のことを書いてる気がした。居心地のいい空間だった。僕の思い出の場所。
 でも、だんだんとまったりする場所じゃなく、だめさを深刻に表現する傾向が出てきて、胸に痛い書き込みが増えてきた。さらに、僕は自分のことを”だめ人間”と定義することに疑問を感じてきた。確かに自他ともに認めるだめ人間である。しかし、人間には多面的に評価する視点があって、だめな僕でも柔道が人より少し強かったり、メーリングリストで議論がうまかったり、取るに足らないことでも長所はあるのだ。いろんな視点があるのに自分で”だめ”と定義してしまっては、向上心が削がれて、本当にどんどん”だめ”になる気がした。だから、のほだめ板にだんだん行かなくなった・・・・

 先日、久々に「のほだめ板」を訪れた。あれ?近くに板が増えてた。「負け組」「モテない男」「孤独な男性」「もてたい男」・・・・「のほだめ板」から対人関係、恋愛のだめさを分化させてしまったら、経済的とか能力的なものしか残らなくない?「のほだめ板」自体もなんかしっくり来なかった。僕みたいにだめスキルフル装備の人間には昔のほうが良かった。カテゴリーを細分化したことで、話題を絞れるけど。だめな全体性がある場は魅力あったなあ。

 「のほだめ板」昔の方がよかったと思ってるのは僕だけ?
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[]
こんばんは。懐かしいですねぇ。
3年ほど前は浸りきってました。
確か某掲示板では当時嵐とか結構流行ってて、のほだめ板にも時々出張にくるんだけど、住人は誰も相手にしない、っていうかそんなエネルギーもってなくて。バカにされても、ああそうだよって素直に言い返してたし、ということはとか新たなダメさを発見してるうちに嵐なんて返っていった。
議論や対立もほとんどなくて、あってもムキになってなくて、各々が徒然に書き込んで同意したり、無視されたりする板だった気がする。深刻な状況の人が多かった雰囲気あったけど、板は深刻じゃなかった。それが心地良かった。昔話ですけど。
2006/ 07/ 15 (土) 23: 26: 30 | URL | 楽園 # nts.E40U[ 編集 ]
[負けるが負けでいいや]
楽園さん、こんばんは。
「のほだめ板、懐かしいなあ」っていうのを共有してくれる人がいて嬉しいです。

>住人は誰も相手にしない、っていうかそんなエネルギーもってなくて。バカにされても、ああそうだよって素直に言い返してたし~

なんていうか負けるが勝ち、いや負けても勝ち・・・別に勝ってないかw負けは負けでいいやっていう開き直りみたいなものがありました。開き直るっていうほど能動的なエネルギーじゃないかな。某掲示板の学歴ネタなんかで優劣を競う空気とは対極でしたね。

>議論や対立もほとんどなくて、あってもムキになってなくて、各々が徒然に書き込んで同意したり、無視されたりする板だった気がする。深刻な状況の人が多かった雰囲気あったけど、板は深刻じゃなかった。それが心地良かった。昔話ですけど。

いい意味で、「もうどうでもいいや」ってのほほんとしてた気がします。だめさをちょうどいい塩梅で、発散して共感し合えたというか。ムキになって優劣を競う議論とは当然無縁だし、その逆の不幸自慢合戦にもなってない。それが居心地よかったです。

改めて、懐かしいです。
2006/ 07/ 15 (土) 23: 59: 00 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。