絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 07月 04日 (火)

 長い下積み時代を経たミュージシャンがメジャーデビューし、大ヒットしたとき。厳しい練習をした高校球児が甲子園への切符を手に入れたとき。長い浪人時代の勉強の末司法試験に合格したとき。苦労が報われ夢が叶った瞬間。夢を切実に思い続けた人にしか分からない感動がある。

 でも、うまくいく人ばかりじゃない。そういう人にも醍醐味はある。

 惜しくも甲子園にいけなかった高校球児が試合後の夕暮れの球場に一人でぽつんと座る。(許可なしで入れるか分かりません)卒業後、思うような結果を出せなかった元サッカー部員が夜のグラウンドを訪れ、一人でシュートを打ってみる。夢破れたミュージシャンが誰もいないライブハウスでステージにのぼり眺めてみる、誰もいない観客を。
 寂しさ、切なさ・・・感傷的な気分に浸る。もう過去の事となった余裕のなかで。失意した当時は痛くて直視しがたかった悲しみ。今はじっくり受け止め、味わう。

 僕はもうすぐ22才になる。14~21才くらいか、青春と呼ばれる時期は。ちょっと古くて、青くて、若々しくて、エネルギーがあって、根暗な僕には到底似合わない言葉だけど。でも、なにか期待していた部分はあった。青春という言葉が意味するところに。
 青春には光と影があるらしい。僕はずっと闇の中にいた。現実を直視できなくて世界のリアリティすら失った。隣の人の光が眩し過ぎてキツかった。コントラストで僕の影が強調される気がしたから。結局、待ち望んだ夜明けはずっと来なくて・・・今に至る。もう僕には重すぎて要らない言葉。今なら他人の幸せを素直に喜べるかな?

 誕生日の日、ビールと煙草を買おう。ビールを飲みながら適当にテレビ観て、寂しく笑ってみる。テレビを消して、煙草を吸う。輝かしい時がないまま、22才になった事実を静かに受け止める。そして、ただ寝転がる。ぼーっと天井を眺めながら。過去を回想したりしない。痛々しくて辛いから。孤独に空虚な気分に浸る。もう終わったこと。もう過去のこと。

 その時の、寂しくて、切なくて、なんか感傷的な気持ち。心地いいものになればいいな。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[「GOOD-BYE 青春」]

ぶらうざさんは好きかどうかわかりませんが
長渕剛の歌で「GOOD-BYE 青春」ってのがあります。
そこではこう歌われています。(全部は違反なのでちょっとだけ引用!)

……誰のせいでもなくて背中がとても寒くて
……俺のぬけがらだけが宙に舞う
……LIE LIE LIE LIE
……ああこのまま悲しみよ雨になれ
……ああこのまま悲しみよ雨になれ(「GOOD-BYE 青春」より)

どうですか?作詞が秋元康なので僕はいい歌だなぁと思ってます。
この歌で僕が感じたこととぶらうざさんの文章を読んで感じたこととが
とてもリンクしていました。

僕は雨って嫌いじゃないので悲しみの雨に打たれてずぶ濡れになっても
意外に心地よいのかもしれませんね。

2006/ 07/ 04 (火) 20: 46: 35 | URL | 三太郎 # -[ 編集 ]
[退屈なんておちこんだ時の言い訳だったんだね]
三太郎さん、こんにちは。
自分的にはなぜか力が入って書いた文章ですので、反応してもらって嬉しいです。
歌詞調べてみました。
--------
いい事なんかなかった季節に
夢だけ置き去りに

熱い想いは ただの幻
こぼれた朝陽に打ちくだかれた シルエット
--------
この部分とか、自分のことのようですねwものぐさなのでいつになるか分かりませんが、曲聴いてみます。

>悲しみの雨に打たれてずぶ濡れになっても意外に心地よいのかもしれませんね。

19才くらいの頃とか、本当にこんな感じでしたね。激しい土砂降りに打たれた後のほうが、逆に気持ち良かったり。

僕の書いた文章を改めて客観的に読むと、本当に悲しい人みたいに見えますが、今はそんなに悲しくはないです。空虚感かな。ああ、なんか終わったなあ、というか。祭りの後、たいして楽しめなかった・・・ような?うまく、まとまりませんが。それはそれで悲しいかw紹介してくれた曲、場合によっては誕生日一人で聴くかもしれません。(←やっぱり悲しいかもしれない)

2006/ 07/ 04 (火) 21: 37: 28 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
物凄く共感できます。
俺も成功が少ない人生なので(といっても大してトライもしてないけど)
自分一人だけ物寂しいような感じ、みたいなものはなんとなく分かります。

で、最近うっすら気付いたのが
「成功する人はトライ自体を楽しんでいるんじゃないか?」
ということです。
気付いた、とかいって思いっきりクエスチョンマーク付いてますが気にしないで下さい。
とにかくトライしたこと自体にガッツポーズしてれば
いつか良い事があるんじゃないかと期待してます。
いや、俺には無理ですが。ehehe。
2006/ 07/ 05 (水) 17: 28: 41 | URL | はむ # I9hX1OkI[ 編集 ]
[]
>自分一人だけ物寂しいような感じ

なんかいろいろ寂しいです。でも、もう慣れてきて、逆にテンション高い場が苦手になってきました。

>「成功する人はトライ自体を楽しんでいるんじゃないか?」

僕もそうできればいいと思うんですけどね、トライするにも条件自体が厳しくて萎えてしまっています。たとえると、合コン行くにも場慣れしてるイケメンと違って、根暗で不細工な僕はトライ自体厳しいとか(←これは例えだとわざとらしく強調しておきますw)だから、とりあえず、大きな事目指さないで目先のことに集中しようとしてますが・・・

>いや、俺には無理ですが。ehehe。

僕もその段階で苦戦中ですね、頑張ろう・・・



2006/ 07/ 05 (水) 18: 49: 51 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[はじめまして。]
ぶらうざさん初めまして、禅舞と申します。数週間前から度々お邪魔していましたが、今回初めてコメントを残させていただきます。

「ずっと闇の中にいた」のに、「待ち望んだ夜明けはずっと来な」いのに、「今なら他人の幸せを素直に喜べるかな?」という風に考えることは、なかなかできないことなんじゃないかと思いました。

もしかすると、人より夜明けが来るのが遅いだけというか、夜明けを待つ時間が長いだけなのかも知れなくて、だから必ず来るとは断言できないんですけれども・・・夜明けが来たらいいなぁ、と。私自身は人より歩みが大分遅いというか、出遅れた人間ですが。

まだ早いようですがお誕生日、おめでとうございます。
2006/ 07/ 05 (水) 23: 58: 06 | URL | 禅舞 # 9DD8ZWDM[ 編集 ]
[]
はじめまして,禅舞さん。
>数週間前から度々お邪魔していましたが、今回初めてコメントを残させていただきます。

数週間前を読み返すと、今よりさらに「僕以外、興味あるのかな?」といった内容でしたので、読み続けていただけるとは。

>「ずっと闇の中にいた」のに、「待ち望んだ夜明けはずっと来な」いのに、「今なら他人の幸せを素直に喜べるかな?」という風に考えることは、なかなかできないことなんじゃないかと思いました。

正直まだ難しい部分もありますwでも、僕には過去のこととして、客観視できれば、喜べるように・・・・その方が自分も楽だと思いますし。

>もしかすると、人より夜明けが来るのが遅いだけというか、夜明けを待つ時間が長いだけなのかも知れなくて、だから必ず来るとは断言できないんですけれども・・・夜明けが来たらいいなぁ、と。

文面から、僕に配慮した表現をなさっているのが感じ取れます。僕も微妙な感じです。もう、来ない夜明けを渇望するのはトラウマになって、望まないけど、暗い中を少しでも自分で照らして進んでいって結果的に、いつか明るくなればいいな、と。結局、心のなかで夜明けを望んでいるようです。死ぬまでに日常全体が明るい世界になることを望んでいます。

>まだ早いようですがお誕生日、おめでとうございます。

ありがとうございます。
2006/ 07/ 06 (木) 03: 20: 21 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。