絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 07月 03日 (月)

 僕は”人間”が好きではない。とはいっても、周りは嫌いな人ばっかだからという意味ではない。人間は私利私欲を追求して争いあう。結果的にみんな不幸になる。なんて愚かな生き物なんだ!といった類の話でもない。

 正確には僕は人間という生物的なシステムがあまりいいものとは思えない。どこがって?

1.時間の経過とともにだんだん酸化し、最後は機能停止する。
 
だんだん老いていくって・・・どうせならだんだん身体能力が上がって最高潮のときに死を迎えるようにして欲しいw年を重ねることがもっとポジティブになるから。さらに、今の時間の感覚で寿命が1000年くらいなら、あまり後悔もしなくなりそう。10年くらい無駄にしても痛くないって。1000年がデフォなら時間感覚変わるかもしんないけど。

2.満たされない欲望
 
手に入らないモノも欲しくなる。そして、苦悩する。欲が満たされても、飽きてくる。欲望は生きる原動力だけど、扱いが難しい。欠落を埋めるイメージなんだよね、マイナスを0にするような。そうじゃなく0をプラスにするほうが幸せじゃない?(←これは一般論でなく僕の感性か)ともかく欲望不充足で不満って不安定なシステムだと思うな。

3.生きるためにコストがかかり過ぎる。(とくに食は・・・)
 
原始時代、人はただ生きるために必死だった。衣住食を手作りするのに毎日追われてた。文明がある現代、多くの人はやっぱり生活費を稼ぐのは大変だ。(例外の人もいますが)植物みたいに光合成でエネルギーを作れて、気温に影響されなかったらこんなに苦労しなくても生きれそう。たくさん自由時間があってね。あと、食物連鎖で栄養を摂らなきゃいけないのは人間の”命の大切さ”の観念を危うくしてる。だって他の生物も生きてるんだよ?動物殺さなくても植物だって生きてるよ?動物>植物だという考えは人間のフィクションでしょう。そこはうまく嘘をついてくしかない。
 
 ここまで言っちゃうと人間どうこうじゃなく、地球の生物生存の仕組みからの話になるな。僕はそこまで好きじゃないのか。

 「世界がこうなればいいのに」より、さらにさかのぼって「人間がこうなれば良いのに」というのは考える人少ないかな・・・・と思ってたら人間同一性障害(リンク先:「考えすぎ」内記事『同一性障害』)という言葉で面白い観点から人間に生まれた違和感について語っている方がいた。

 このエントリー、人間を悲観視する意図じゃないよ。人間の構造的欠陥(僕の価値観で)を把握することは生きるヒントになると思うから。
不満ばかり言ってても建設的じゃないので代案(こういう生のシステムの世界観に生まれたかったという妄想)暇と気力があれば考えてみようと思う。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[]
初めまして、こんにちは。 其の気持ち、すごくよくわかります。
「3.生きるためにコストがかかり過ぎる。(とくに食は・・・)」とくに此処。

私はできれば人間以外の生き物に生まれたかったです。できれば、植物。そしてさらにできれば、ひまわり。(待)
ではでは、また来ますね。
2006/ 07/ 03 (月) 18: 48: 17 | URL | 沙夜 # BZXTOpc.[ 編集 ]
[ひまわりの世界]
沙夜さん、こんにちは。あまり共感されないだろうなと思って書いたけど、してくれる人もいましたね。

>私はできれば人間以外の生き物に生まれたかったです。できれば、植物。そしてさらにできれば、ひまわり。(待)
ではでは、また来ますね。

ひまわりに生まれたら世界の感じ方は人間とまったく違うでしょう。人間は勝手に地球の主役を自分達にしてるふうですが、植物からすると、植物が”主語”の世界なのかな?そう考えると森に入るとき不思議な気持ちになりそうです。
また来てくれると嬉しいです。
2006/ 07/ 03 (月) 19: 38: 30 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
-- 大切なものは目に見えない --

かなり共感しました。

物質的な観点からいうと、人間ってマイナスの存在だとずっと思ってました。ひきこもって寝てるだけなのに毎月10何万かかるし!(笑)

マイナスを0にしようともがくのが人生だと思ってました。0になったらなったで、少しでも他人よりプラスの幅を大きく取ろうと、きりがない争いが待ってるだけ・・・・・・むなしくなります。

* * *

でも最近、「物質」の対義語としての「精神」を主体に考えれば、その思考回路から抜け出せそうかな、と思ってます。(ぶらうざさんのタイトルにもあるんですが、「魂」の「容れもの」ということで。)

(1) 時間の経過とともに魂は成熟し、最後には、物欲を完全に捨てられるまでに進化する。

(2) モノを人に与えれば自分が損をする。愛を人に与えれば、伝搬して大きくなり自分に返ってくる。

(3) はしょうがないですね。入れ物としての身体を維持するためには、殺しも必要ですからね・・・

2006/ 07/ 03 (月) 20: 15: 57 | URL | necox # B4pvQVOw[ 編集 ]
[]
こんにちは、necoxさん。

>物質的な観点からいうと、人間ってマイナスの存在だとずっと思ってました。

実は「3.生きるためにコストがかかり過ぎる。(とくに食は・・・)」を書いてるときに、necoxさんがどこかで人間は生きてるだけで消費するマイナスの存在って書いてたことを思い出しました。というかコストがかかり過ぎるって言い方もたぶんnecoxさんのパクリが入ってますw

>でも最近、「物質」の対義語としての「精神」を主体に考えれば、その思考回路から抜け出せそうかな、と思ってます。

僕も最初、精神面のアプローチを考えました。「精神」主体で身体の欠陥?に囚われずに生きていけないものかと。僕は思い付きませんでしたが、necoxさんは1.2.に関して自分なりの考え方を見つけられたようで。

今のところはうまく生きれたとき、それを後から分析すると、このエントリーの1.~3.をこうカバーしてるんだな、というような利用の仕方を考えてます。
2006/ 07/ 04 (火) 09: 49: 35 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
はじめまして。

他の動物に比べて人間だけが生物機能的に劣っているかどうかは分かりませんけど、
そういった不満を感じることが出来ているのは人間だけかもしれませんね。

仮に劣っていたとしても、
食(生)への欲求からはじまり命のやり取りの中で特に知恵をつけてきたのが人間だと考えると、あながち1~3は「単に欠陥であるだけ」とも言いがたい気がします。
(知的活動を前提にすればですが)
2006/ 07/ 05 (水) 17: 12: 24 | URL | はむ # I9hX1OkI[ 編集 ]
[中二病的ブログ?]
はじめまして。と言うと自分の中で白々しいので暴露すると、はむさんのブログは面白いのでいつもロムらせてもらってます。はむさん的に言えば中二病?年齢的には大二病?的な事を書いてるかもしれないブログにコメントしていただき、幸いです。

>あながち1~3は「単に欠陥であるだけ」とも言いがたい気がします。
>他の動物に比べて人間だけが生物機能的に劣っているかどうかは分かりませんけど、
そういった不満を感じることが出来ているのは人間だけかもしれませんね。

地球の生物のシステムを不変の常識としてその規模で考えると、その通りでしょう。
1~3の中で文明を発達というか、いろいろ自然を操作する技術を身に付けてきたのは否定できないです。

もちろん、こういうことを考えても現実的に変えることはできないけど、魂=ソフト、身体=ハードとしたときに、僕の魂というソフトがまったく別の機構を持つハードに入って、地球とは違うシステムで生きられなかったか?という空想ですね。はむさんが仰る通り、こう思考できるのも人間という思考能力があるハードに生まれたからですが。

魂=ソフト、身体=ハードの考え方も怪しいですけど。
2006/ 07/ 05 (水) 19: 02: 00 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。