絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 11月 13日 (月)

 最近、自分を肯定することが大事だなと思った。心の健康のために。肯定するといっても評価としてではなく、心情的に。評価としての肯定、心情的な肯定は僕の中で違う。

 たとえば、プラス思考って言葉がある。プラス思考は広く使われてる言葉だから使う人の間で微妙に定義が違いそうだけど、僕の想定する意味は、「たとえ失敗したとしても、そこから学ぶことができて良かった。」のように出来事をプラスに解釈する。最初に評価、心情、2つの肯定の区分を書いたけど、この場合は両方肯定。うまくいかなくても、嫌なことがあっても、出来事のとしてプラスに解釈して、結果的に心情的にも、気持ち的も肯定する。

 でも、このプラス思考に馴染めないw 失敗は失敗。嫌なことはやっぱり嫌でしょう。と感じてしまう。だって、うまくいかなくてもプラスに解釈にすると、結局何がプラスで何がマイナスか分からなくならない?まあ、この分からなくなるっていう疑問は後付けなんだけど。実際のところ、気持ち的に馴染めない。無理してる感が出てしまう。プラス思考が重い。作り笑いと似た感触なのかな。いいことがあったら喜び、嫌なことがあったら落ち込むのが自然・・・・だけど自分はダメだダメだってなるから(本当にダメだと思ってるし)ネガティブな思考へ言ってしまう。覇気が無くなってくる。無気力になってくる・・・・・

 自分はダメだ、ダメだという思考も行き過ぎると病理的な方向へ進むらしい。確かにひどい無気力な時期はまったく何も手につかなくなった。まともに生活していけるのかと思うくらい。精神的にも暗かったし。うつ病認知尺度チェックなるものをやってみた結果が・・・
 


  総合得点は 81 点です。中程度問題ありです。

以下の項目で一番得点の高い項目があなたの性格傾向です。
 ○「否定的自己認知」得点は 34 点です。危険域です。
 ○「対人認知」得点は 25 点です。問題ありません。
 ○「強迫的思考」得点は 22 点です。問題ありません。

「否定的自己認知」とは極端にへりくだって自分を悪く言う傾向があるということです。
「対人認知」とは他人の評価を気にするとともに依存性を意味します。
「強迫的思考」とは何事も完全でなければ気が済まない、いささか堅い性格です。


 僕がここまで書いてたのは「否定的自己認知」に該当するのか?しっかり当てはまってる(苦笑)あと、この「対人認知」「強迫的思考」も行き過ぎると良くないのも頷ける。他でも聞いたことあるから。僕はあまりその傾向はないようですね。

 
 話のまとまりがなくなってきたので一旦整理w 

 プラス思考(僕の想定する)まとめ

 前提    評価(成功か失敗か)が心情(喜ぶか落ち込むか)に結びつく。
        評価=心情

パターン  例)失敗したおかげで勉強になった。
        失敗した(出来事)→プラスに解釈する(評価)→落ち込まない(心情) 

違和感   「失敗した(出来事)→プラスに解釈する(評価)」この部分
         なんでもプラスに解釈すると評価軸がおかしくならないか?

 プラス思考をするメリットの前提に評価(成功か失敗か)と心情(喜ぶか落ち込むか)が一致がある(悪いことがあったら落ち込む)。出来事→評価・解釈→心情・気持ちの流れを想定している。感情がが否定、否定に向かうとよくないので、失敗した経験(出来事)をプラスに解釈して(評価の段階で)、落ち込まないようにする(心情)。ただ、僕は「失敗した(出来事)→プラスに解釈する(評価)」の部分に違和感を感じる。

 違和感の中身。評価は方向性を決めるものって考えがある。「あれはダメ、これはいい」があるからいい方向を舵をとろうとする。「あれもこれも全部いい」にしちゃうと羅針盤が狂わないかな?ともかく違和感がある。


 そこでタイトル「心情的に肯定」は評価と心情が分離してもいい。評価の面でダメでも、ダメなところは認める。ダメでもいい。感情的には無条件で肯定する。

 心情的に肯定するまとめ

  前提    評価(成功か失敗か)が心情(喜ぶか落ち込むか)は分離してもいい
         評価≠心情

パターン  例)失敗は失敗でも落ち込むことはない。
        失敗した(出来事)→妥当に解釈する(評価)→落ち込まない(心情) 

 違和感  うまくいかないことを自覚してるのに気持ち的に肯定することに違和感はない?


 
しかし、うまくいかなった・・・・・のに肯定するのはそれこそ違和感があることかもしれない。人それぞれだと思うけど。端的にいうとこの場合、気持ち的に肯定する理由がない。ダメだったなら落ち込むのが自然・・・・・・なんだけどそこは肯定するw
 実は理由がある。結局出来事自体とは因果はないけど、こころの健康のためという理由が。これは大きい。落ち込む→うまくいかない→無気力→うまくいかないの悪循環にならないためにも。
-------------------------------------
補足

 この記事は当然自分がそう思ってるから書いてるけど、単純に考えすぎているきらいがある。以前書いた「シンプルに考えると・・・・」に該当する内容じゃないかな。

 ただ僕自身そう考えてる以上、ある種の固定観念になっていて、別の批判的な角度から考えにくくなっている。
 とりあえず、怪しそうな部分をメモしておく。


  • プラス思考が「評価=心情」で、「評価にかかわりなく心情的に肯定する」ことを結論づけてるけど、「評価」と「心情」が認識のなかで分けていいの?

  • 気持ちがを「肯定」「否定」と極端に表現していいのか。そもそも「肯定」「否定」という着眼でいいのか?別の言葉で状態を表現したほうが良かった可能性もある。

  • 最終的に「プラス思考」と「心情的に肯定する」は同じ過程の言い方を変えているだけかもしれない。

  • こういうことを生真面目に考えてる僕はちょっとおかしくないか?



   続きがあったら書き足そう。別の記事で。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[評価=0]
評価をやめる、っていう選択肢もあると思います。

ある出来事を、成功/まあまあ/失敗とか評価すること自体をやめることができたら。。。。。。自分をダメだダメだと思う理由もなくなりますよね。評価がニュートラルなら、あとは、次の行動についてポジティブを選ぶか、ネガティブを選ぶかの問題だけになる・・・かな?

他者に(ひいては自分に)評価されることを前提に育てられた人間にとって、人を、自分を、出来事を、評価することはもう自分の一部になってるんですけどね。(←私の場合)
2006/ 11/ 13 (月) 11: 48: 46 | URL | necox # B4pvQVOw[ 編集 ]
[0もありましたか]
necoxさん、こんにちは。

>評価をやめる、っていう選択肢もあると思います

言われてみれば・・・・。なぜか自分では思いつかなかったです。評価をニュートラルにするのも、ちょっと考えてみたいですね。

>他者に(ひいては自分に)評価されることを前提に育てられた人間にとって、人を、自分を、出来事を、評価することはもう自分の一部になってるんですけどね。(←私の場合)

僕は他者に評価される前提というのを特に意識してませんが、評価して後悔(自分はだめだった)というパターンでした。ずっと。精神衛生上よくないので変えたいと思ってます。
2006/ 11/ 14 (火) 04: 59: 26 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
横から失礼します。

評価と心情が一致しなかったらモチベーションがあがらない気がします。認識と心情とが対応するのかもしれませんが。

また、評価をやめてしまってはモチベーションの拠り所を失ってしまう気がします。どのような行動をとっても、行動を取らなかったことと評価が変わらなくなってしまいますから。

以上、失礼しました。
2006/ 11/ 21 (火) 01: 19: 16 | URL | komatsuna # VWFaYlLU[ 編集 ]
[不一致というより]
本文中は”評価≠心情”なんて書いていて確かに評価と心情と明記してますが、理屈上はそうだけど今考えると実際は純粋な不一致じゃなくて、”うまくいかなくてもくよくよしない”という心構えの話になるのでは?と思います。それがうまくいくかはまた難しいですが。

うれしいことがあったら喜ぶのは自然で否定する必要がないですからね。

komatsunaさんのおっしゃるように本文中は単に不一致のような書き方してました。話は反れるかもしれないけど、改めて記事読むと 観念的だなー 肌感覚がぜんぜん感じられない文章だなあ、と自分で思いました。
2006/ 11/ 21 (火) 06: 18: 17 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[まぁ、なんというんですか]
観念的でも肌感覚が全然感じられない文章でも、それは書いてみて、読み返してはじめて分かったんじゃないでしょうか。書かなかったらきっとそれに気付くこともなかったと思います。

ってことで書いたことをできる限りの側面から肯定してみるのはいかがでしょう?
2006/ 11/ 21 (火) 08: 39: 54 | URL | komatsuna # VWFaYlLU[ 編集 ]
[]
>書いたことをできる限りの側面から肯定してみるのはいかがでしょう?

最近書いてたことの通りというか、有言実行にするならまさにその通りですw
2006/ 11/ 22 (水) 06: 37: 26 | URL | ぶらうざ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。