絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 10月 31日 (火)

  嫌でもやらなきゃいけないことがあって、それをどう実行していくか。怠け者の僕にとってはこのブログのテーマの一つでもありました。できる人からすれば、とにかくやれ、行動しろって話かもしれないけど、怠け者で頭でっかちな僕の場合、このブログで解決策の仮説を作っては、実行できず、忘却し、その繰り返し。

 どのぐらい怠け者かといえば、廃人生活になりつつあります。最近、部屋も散らかってるし、学業もシューカツも全然手をつけてないし、煙草は2箱以上吸うし、たいして授業とってないのに出席率は50%以下だし、自炊しないでコンビニ弁当ばっか買ってるし・・・・・

 別にネガティブな記事にしようとしてないですよ、これ。
 また懲りずに解決策の仮説を書く記事ですw

 嫌でもやらなきゃいけない事、行動に踏み切れないのは行動にネガティブなイメージがあるからだと思う。毎朝ランニングをしようと決めたとする。朝早く起きたはいいけど布団から出て寒い思いをし、めんどくさいランニングなんかしたくない。こういう感じかな。

 じゃあ、嫌なことを好きなことに変えるように唱えてみる。「俺はランニング大好きだ。早起きしてランニングするのは気持ちいい。」この方法は人によってはありなんでしょうけど、僕には無理。個々メンタルは違うでしょうし。これははねかえされる、弾力性。ランニング大好きだ暗示で4日間表面的に、早朝ランニング大好きなことにして、やったとしますよね?でも深層心理は変えられないというか、むしろ抑えつけられた嫌だ嫌だという気持ちの反動がある。もう1年くらいランニングしたくないってなる。ダメ人間?否定はしないけど。

 じゃあ、どう向き合うか。そこで思いつくのはサウナ。サウナ入ってる時間が気持ちいいというより、暑い空間から出たときの開放感。暑い空間を長く我慢したという自己満足。風呂上りのビールのうまさ(僕の場合です)。
まとめると、肯定するってことだと思います。道徳論じゃないです。苦しいこと自体が大切だという道徳論もあるけど、個人的に嫌いですw あくまでも必要に迫られた場合で。

 嫌な行動、一連の行動のイメージが、取り組む前にネガティブだとやる気がなくなる。その行動が嫌いってことを否定しないで、嫌なら嫌として肯定できる か?パターンとして思いつくのは2つ。苦行を我慢したことに対する自己満足。嫌なことの後にまってる喜び(達成感、開放感)。ともかく、肯定できればいん じゃないかな。肯定できるスイッチを押せれば。ランニングの話に戻ると、寒い朝つらいけど毎日走ってることに満足感、これで肯定スイッチをポンと。もし くは、走った後のシャワーが心地よくて、朝食がうまくて、それでランニング自体も肯定のスイッチを押せれば。

 とりあえず肯定する。話を広げると、この逆で僕は否定ばっかしてた。現状について、過去について、能力について、容姿について、環境について・・・・・・・それの善悪論は別にして、無気力でネガティブになってくる。俺はダメだ、ダメだ、ダメだ、ダメだ、人生やり直したい、やり直せない。この国のこの社会で生きていくのは苦痛だ、死にたい、消えたい、消えられない。どうしよう?どうにもならない。とりあえず、30才まで働いて奨学金返済したら死のうか、なんて。

 肯定するのは大事なのかなあ。語弊がありそうなので補足すると、善悪論や道徳論や評価論じゃなくて。行動の事後事前認識として。目標を決めるためには、評価が必要。尺度がないと目指す指標がないから。でも、心情的には否定ばっかだと辛くなる。無気力でネガティブになる。

 ブログの過去記事で関連記事は沢山あるけど、一番関連ありそうな「積極的に苦しむ」にリンク。うわー今読み返すと、超はずかしいw 自意識過剰で。4ヶ月前くらいなのに。

     会社に入ったら通用しないよ?そうだね。
    「苦しさ」が溢れてる世界にいるから。そこで前に進むためにね。 

 誰だよ、俺w ナルシストっぽくて、中途半端に演出的な文章で恥ずかしい。全然ナルシストは意識してないのに。まあ、最近の記事でも冷静に読み返すと恥ずかしかったり、痛々しくなることはよくあるけど(苦笑)

 この過去の記事を読む痛々しさをとりあえず肯定。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[いいと思います]
恥ずかしいことをしてしまってから、それを恥ずかしいと思う人と、
恥ずかしいことをせずに、それを恥ずかしいことだと思う人がいたら、
僕にとっては、後者のほうが親しみにくいです。

それに、恥ずかしいことだとは思いませんよ。
自分の世界で生きていない人が、この世のどこにいるだろうか、
と思うこともあります。
ほとんどの人が、他の誰かから見たら滑稽に見えるような部分を持っているんじゃないかと思います。

大事なのは、自分の世界とGive&Takeの関係になれる人と、いかにめぐり合い、力を合わせて生きていくか、
ということではないかと思います。
それが最重要なのではなくて、あくまでも目的のための一過程として大事なのだ、という意味ですけど。

これからも、今のぶらうざさんの生の声をお聞かせください。
よろしくお願い致します。
2006/ 11/ 02 (木) 10: 45: 30 | URL | まこっちゃ # -[ 編集 ]
[]
まこっちゃさんのコメント読んで思ったのは、僕がブログを書いてることが自分の世界を表現する行為と言えるならば、

>他の誰かから見たら滑稽に見えるような部分

が表現するなかでどうしてもあるかもしれないですね、やはり。

それでも
>大事なのは、自分の世界とGive&Takeの関係になれる人と、いかにめぐり合い、力を合わせて生きていくか、ということではないかと思います。

それを肯定してくれる人がいないわけじゃない。だから、気にし過ぎてもいけない気がしてきました。

>これからも、今のぶらうざさんの生の声をお聞かせください。

そういっていただけると幸いです。
でも逆に僕は生の声しか書けないでしょう。脚色して書くと疲れますし。ブログ用の自己像を作って維持するのは僕には面倒そうですから。
2006/ 11/ 03 (金) 03: 12: 45 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。