絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 11月 02日 (木)

 制度に対して。
 社会に対して。

 議論する場合、3つに違った次元に分ける必要があると思う。


 理想論-さまざまな制約を排したとき、どうすれば制度がベストか。
 現実論-現行の制度がある。その制度の下で現状がある。
      現実的にどう改善すればいいか。

 現行(現状)論(日本語的にピンとこないけど、流れからこの表現を使いました。)
      制度の良し悪しはあるけど、その制度の下にいる人はどうすればいいのか。


 そして、3つの関係性はまず、理想論がある。理想論はすべて実現できるか限らない。しかし、理想がなければ、現実論の指針が見えない。理想論を指針としておきつつ、実現可能性が高い部分を現実論に還元する。
 現実論と矛盾していても、特定の制度の下の現状で生きていかなければいけない場合がある。人がいる。矛盾が見えていても、次の行動の選択をせまられる。ここでどうすればいいかは、現行論。
 理想論→現実論→現行(現状)論。この関係性が僕の考えるベスト。

 
 3つが混在する問題点

 現行(現状)論が理想論に置き換わる。
 
  単に保守的なことが論拠になる。「こうだったんだから、これがいいんだ。」現行の制度の下、現状を肯定したい心理から、現行(現状)論を肯定。理想論=現行論になる。現実論の現実を改善していく流れが妨害される。

 理想論と現実論、現行(現状)論とのすれ違い
 
理想論を現実論として語ってしまうと、そんなの無理、と現実論サイドから否定される。理想論として、現実論の指針として役立つかもしれないのに。また、理想論をそのまま現行(現状)論として考えると、実際、特定の制度の下の現状で生きていかなければいけない場合、不利益な選択肢になるかもしれない。



 とまあここまで具体的な事例を出すべきだとも思ったけど、情報量が少なく書けなかった。知識のインプットが足りないことを痛感。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[]
こんにちは。

ぶらうざさんが書かれたことは前提とするべきなんですが、いかにに身にするかなんですよね。

対人戦を考えると、脳内でいかに戦術論を反芻しようと主導権は握れません。手にコマンド入力を覚えさせ、せめてCPUと対戦を積むべきなんですが、波動拳を出せずストⅡを諦める人間が私を含めいかに多いことか。
2006/ 11/ 03 (金) 15: 12: 23 | URL | 楽園 # nts.E40U[ 編集 ]
[]
 ストⅡは波動拳は出せるけど、昇龍拳が出せずにあきらめましたw コマンド入力が出来ないと、いくら脳内戦術論を練っても難しいですからね。

 それ以降、格ゲーにはまったく手を出してません。現実では最初の分岐点でつまずいてます。それほど興味があるわけじゃないから、別にいいんですけど。
2006/ 11/ 03 (金) 17: 44: 32 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。