絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 09月 27日 (水)

 自分を遠隔操作する自分になりたい。

 現実がモニタ内のゲーム(詳しく書くと完成度が下がるから読んでる方はゲームの仕様を脳内補完してください)で僕がモニタ内のゲームのキャラになってそれを操作する人になりたい。

 昨日「ホラー映画理論」で書いたように、主観!現実(語弊がありそうだが便宜上)だといっぱいいっぱいになってしまう場面でも、画面の中の人を観る感覚で操作したい。画面の中の怠け者の僕に掃除コマンドを実行させる。モチベーション低下はパラメータで調整。こういうことを書くのは傷つきたくないだけなのかもしれない。我慢したくないだけなのか。

 だったらMMOやれよと言われそうだが、それとも違う。現実の僕から抜け出したいのだ。離れたとこから僕を操作するくらいでちょうどいい。主観だと辛くても、主観から抜け出して、第三者として僕を動かしたい。

 主観から抜け出せない恐怖。

 客観的に自分をみるって難しいと思う。自分とは常に主観の中にいるから。客観には、中立的な立場という意味と、主観の対義語として外側から観察する意味の2種類思い浮かんだけど、後者の話。対象として。常に主観の檻に入れられてる僕が、僕を対象化したい。

 リアルタイムでそれは難しい。過去の自分を対象化して、そこから・・・・か。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[ちょっと違うかも知れませんが・・・。]
意志と表象としての世界かな・・・?
2006/ 09/ 27 (水) 13: 15: 02 | URL | くるり # -[ 編集 ]
[残念ながら・・]
ショーペンハウアーのですか?

残念ながら彼の著書は岩波文庫の「知性について」「読書について」を読んだことありますが、それは読んだことないんですよ↓なので近いかどうかも分かりません。「意志と表象としての世界」が彼の主著ですよね?

いずれ読んでみようと思いつつなかなか読まない本の一つです。

 
2006/ 09/ 27 (水) 14: 52: 54 | URL | ぶらうざ # OohI7WgE[ 編集 ]
[]
こんばんは。
後者の客観の場合、どこで手を打つかでしょうね。
どこまでも主観性が付きまといますからね。
女性の4人に1人は尿漏れです。
これくらいしか主観の無い客観はないですからね。そこから踏み込んで、女性は大変だなとかエロい気持ちになるとか何も関心を示さないとかすると客観ではなく一般か特殊ってカテゴリーになりますし。

ゲームは挫けないでください。
現実のゲーム化に成功したことがないので実際のゲームの話ですが。画面の向こうのスタッフロールを見ても挫けない程度に鍛えても辛さが消えるだけでちっとも楽になりませんよ。
さらに抜けて何かを手にするためには技術だと予想してますが、技術はちっとも身につかないという問題もあります。
おそらく技術も通過点で、その先は行き止まりかもしれませんが、行ってみないと分からないですからね。
2006/ 09/ 27 (水) 22: 48: 36 | URL | 楽園 # nts.E40U[ 編集 ]
[]
>女性の4人に1人は尿漏れです。
これくらいしか主観の無い客観はないですからね。

僕としてはこれに対してなんともコメントしようがありませんがw

>ゲームは挫けないでください。

現実のゲーム化といえるのか分かりませんけど、いい感じの距離感がほしいです。ゲーム化?なのかな・・・・ 本当にゲーム化といえるようならむしろそれも良しです。
2006/ 09/ 28 (木) 01: 19: 36 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。