絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 07月 27日 (木)

 社会的に成功者と称される人が小学生に「自分に興味のあるものを見つけて、とことんやる。それが夢につながる。」みたいなことを言う場面を見て、そんなに好きなことで食ってけないでしょ、あなたは数少ない成功者なんだよ、と生温かい目で見てた。

 でも、最近「興味を持ってとことんやること」、大事かもしれないと思う。

 昔は、若者らしく(この表現が若くないけど)遊んでいた同年代の人達に対し、集団に馴染めず、孤独に意味不明な時間の浪費をしていた僕は、羨望と劣等感のどうしようもない感情があった。
 
 最近では、同級生が旅行、ドライブ、合コン、花火大会・・・・大学生っぽい?(ごめん、俺良く分からない)楽しい時間を過ごしているのを聞いても、楽しそうでいいね~って感じだ。良く言えば他人の幸せを喜べる、ということだけど実際は無関心になっただけ。経済的にも、対人関係も、面倒。だから、どうでもいい。金もないし、どうせ俺馴染めないしー。関心、興味、意欲、ない。

 そういえば、いつの間にか趣味がなくなった。高校時代から使ってたプレステは壊れた。映画も音楽も最近面倒で聴いてない。適当にテレビ観て、サイト巡って、煙草吸って、ブログ更新しているだけだ。別に趣味持っても金になんないし、将来に繋がることしようと思うと、どうでもよくなった。将来に役立つことだけしようと思った。でも、気が重くなって結局何もしない。無気力状態。無味乾燥な世界が広がっていた。

 だから、金になるとか、ならないじゃなく単純に好きなことに時間を費やすのも必要かな、そんな気がしてる。それが世界と自分を結ぶ命綱。このままじゃ、無機質な世界の前に立ちつくし、堕ちてゆくだけの気がする・・・・・・

 長々と書いたけど、一言でいうと「趣味を大切に!」
 それだけなんだけどね。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
[]
ですね。何でこんなにもどうでもよくなったんでしょうね。それを承知であえて何かしてみたりするんですがね。
私は、他人も私と同じように本当はどうでも良くなっているんだけど、それを承知で無理やり楽しいふりをしていると本気で考えた時期がありました。でもどうやら間違いでした。
間違いなのですが、私の中の現代人の理性は、神はいないんだよ。と教えてくれるのに私の中の中世のバカ貴族は、神はいる!いないわけがないじゃないか!と妄信しているので、未だにその考えを捨て切れません。
2006/ 07/ 27 (木) 18: 11: 04 | URL | 楽園 # nts.E40U[ 編集 ]
[何でこんなにどうでもよくなったか]
楽園さん、こんにちは。
僕の場合、どうでもよくなった理由としては、当時、近くて遠かったことが実際は遠くて遠いものだった、と気づいたこと。それと無数の喪失感で求める感覚が麻痺してるのではないか、と思います。
神がいる世界で生きる意味が、いない世界では科学な見方ができるように、中世のバカ貴族の主張も完全に否定できないと思いますよ。他の人もつまらないと思えば、自分が楽しくなる可能性をなくし、他の人が楽しいなら、劣等感が・・・これは個人的な感触ですが。

僕は自分が楽しくない時間を過して、考え悩んでることは特別な意味があると思い込んでました。レベルが高いとも。今は損してるなあーという感じです。
2006/ 07/ 27 (木) 21: 15: 44 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
(1)自分に求めるレベルが高すぎる
(2)そのレベルを下げられない
(3)そのレベルを満たせない自分を許せない人
精神病が治らない人の特徴らしいです。
幸福になりづらい人の特徴でもあるとおもいます。
昔の私に当てはまってます。そのうえ目標も定まっていない。なんせ将来働くことになると21まで思ってませんでしたから。何とか逃げられるんじゃと無根拠な希望的観測を抱いてました。働かなきゃいけなくなったら死のうなんて口先で誤魔化して逃避してましたから。当時の自分に今でも共感できるんですけどね。
今はどんどん求めるものを削っている、というか削るしか道がないのですがその都度、人生がどうでもよくなっていくので参ってます。

追伸、趣味は生きる糧だと思うけど、もっと根本を解決しないと趣味がノルマになる可能性もあるので注意が必要です。
2006/ 07/ 29 (土) 10: 11: 40 | URL | 楽園 # nts.E40U[ 編集 ]
[仇となる高い欲求]
こんにちは、楽園さん。
見透かされてますね。まさに僕の特徴です。今は薄れてきてますが、依然残っています。この記事は薄れている様子かもしれません。僕の場合を、付け加えると
(4)求めるレベルが高いくせに努力が継続しない
(5)現実が納得できない反動で、求めるレベルが現実離れしていく
(6)未来に実現できそうにないことが分かると、後悔して過去の自分をやり直せばできそうだと夢想する
・・・・・・(7)以降いくらでもかけそうです。
求める高いレベルが本当にただの夢想なら、諦めもつくんですが、周りにそれができてる人を見ると自分が、歯痒くなります。削っていくしかないでしょうね。それは一般的なことじゃないかな。僕は他の人より、求めるものも多く、叶えられてない部分も多く、その作業が大変そうですが。

「趣味」がノルマって僕ですね、はい。「趣味」なら楽しんで時間を費やすことだけ考えてればいいのに、”成果”を求めてしまうんですよ。そのノルマの意識が仇になって、面倒になって、継続しなくて、逆に成果も何もなくなります。
2006/ 07/ 29 (土) 13: 58: 54 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
俺も何もかもどうでも良くなる時期がありましたよ。
というか今でも何日かおきにやってきますが。

そんな時は特に面白そうなこととかではなくて、
例えつまらなくても誰もやらなさそうなことをやってました。
携帯電話で知らない人に間違い電話かけたり、
自分の祖父の家に「オレだよオレオレ」とか電話かけたり。
時間が潰れていい感じです。
2006/ 07/ 30 (日) 14: 56: 18 | URL | はむ # I9hX1OkI[ 編集 ]
[]
それ、イタ電じゃないですかw
誰もやらなそうなことをやる意欲は
昔あったんだけど、なくなってました。

ハレンチ☆パンチの追っかけでもはじめようかな。
http://www.youtube.com/watch?v=-fZzyJDJ4go&search=Harenchi
2006/ 07/ 30 (日) 17: 52: 36 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
[]
遣り切れないですね。
ギャップを埋めるまでは何もかも作業でしかない。そして埋まりそうにない。人生は一過性なので逃避で過去に理想を持ち込むと出口が無い。
2006/ 07/ 30 (日) 20: 15: 46 | URL | 楽園 # nts.E40U[ 編集 ]
[削るにしても]
同じ削っていくにしてもその結果、理想を求める性分と共存を目指すことにしました。葛藤の末。この問題はこのブログでも結論が二転三転してるのですが。(3)と(4)以降の改善を目指し、(1)(2)だけ残して。脳内で大風呂敷を広げ続けますが、わざわざ公言してバカにされることは避けるつもりです。

僕の理想は叶わない可能性が高いです。そして、今までの理想を求める認知だと精神は痛みます。だから、理想を叶えられない現実は変えられなくても、理想の求め方の認知の仕方を変えていこうと。結果的に意欲向上で現実もほんのわずかでも好転するのを密かに狙っています。
2006/ 07/ 30 (日) 20: 56: 52 | URL | ぶらうざ # 3xs9owas[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。