絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 10月 31日 (火)

  嫌でもやらなきゃいけないことがあって、それをどう実行していくか。怠け者の僕にとってはこのブログのテーマの一つでもありました。できる人からすれば、とにかくやれ、行動しろって話かもしれないけど、怠け者で頭でっかちな僕の場合、このブログで解決策の仮説を作っては、実行できず、忘却し、その繰り返し。

 どのぐらい怠け者かといえば、廃人生活になりつつあります。最近、部屋も散らかってるし、学業もシューカツも全然手をつけてないし、煙草は2箱以上吸うし、たいして授業とってないのに出席率は50%以下だし、自炊しないでコンビニ弁当ばっか買ってるし・・・・・

 別にネガティブな記事にしようとしてないですよ、これ。
 また懲りずに解決策の仮説を書く記事ですw

 嫌でもやらなきゃいけない事、行動に踏み切れないのは行動にネガティブなイメージがあるからだと思う。毎朝ランニングをしようと決めたとする。朝早く起きたはいいけど布団から出て寒い思いをし、めんどくさいランニングなんかしたくない。こういう感じかな。

 じゃあ、嫌なことを好きなことに変えるように唱えてみる。「俺はランニング大好きだ。早起きしてランニングするのは気持ちいい。」この方法は人によってはありなんでしょうけど、僕には無理。個々メンタルは違うでしょうし。これははねかえされる、弾力性。ランニング大好きだ暗示で4日間表面的に、早朝ランニング大好きなことにして、やったとしますよね?でも深層心理は変えられないというか、むしろ抑えつけられた嫌だ嫌だという気持ちの反動がある。もう1年くらいランニングしたくないってなる。ダメ人間?否定はしないけど。

 じゃあ、どう向き合うか。そこで思いつくのはサウナ。サウナ入ってる時間が気持ちいいというより、暑い空間から出たときの開放感。暑い空間を長く我慢したという自己満足。風呂上りのビールのうまさ(僕の場合です)。
≫ "嫌でもやらなきゃいけないことを肯定すること" の続きを読む...
スポンサーサイト
2006年 10月 29日 (日)

 僕はこのブログで笑いを意味する「w」を結構つける。

 自分で書いて自分で笑うなんて気持ち悪い。
 あなたが思うほど面白くないよ。
 全然笑えないし。

 
そんな幻聴が聞こえた。


 誰に対する言い訳なのか、自分でもよく分からないけど、被害妄想の一種なのかもしれないけど、自己弁明しますw

 TVのバラエティやラジオで笑い声入ってるでしょ?
 そんなもん。効果音のようなもの、「w」は。面白くなくても。雰囲気作り。

 あと、
 うわーもう死にたい。
 うわーもう死にたいw

 「w」があるのとないので全然ニュアンスが変わるでしょ?

 顔文字って自分が使うことに違和感あるから使ってないけど、あれは画期的だと思う。顔が見えない文章だけだと、ニュアンスが伝わりにくい。逆に言えば直接対面の会話の表情、声のトーンがニュアンスを伝えてくれている。顔文字はニュアンスを伝えるのに便利。

 「w」で少しでもニュアンスが伝えればいいな、そんな言い訳
2006年 10月 28日 (土)

 前々からメールフォーム設置を考えていたのですが、ものぐさな性分でずっと遅れていました。ようやく設置しました(遅れすぎw)。

 ブログはじめて思ったことなんですけど、コメントという形で皆さんからメッセージをいただいてますが、コメントは記事に対するメッセージということで、記事に直接関係ないこと、例えばブログ全体についてのご意見、ご批判、ご感想などの窓口がありませんでした。今回設置したので、僕に記事に関係ない内容や連絡を伝える機会がありましたら、ご利用ください。

 あと、設置したのはリンクについてってこともあります。当ブログがリンクフリーなのはいいですが、問題になるのは逆に僕がリンクする場合、勝手にしたリンクに対して外して欲しいと希望されるときの窓口がなかったなあと。今後はメールフォームを通じてどしどし連絡ください。事後確認です。メールを読み次第、迅速に対応します。

 なぜか堅苦しい文章になってしまいましたが、要は、「勝手にこのブログをリンクしていいし、僕も無許可でリンクします。だから、リンクを外して欲しいときはメールフォームを通じてどしどし連絡してください」、ということです。

 ということで今後はよろしくお願いします。
2006年 10月 27日 (金)
目標共有型SNS、Willyの紹介。

 以前、「変な夢みたな」の記事内で触れましたが、WillyというSNSに登録しています。SNSといってもmixiのようにそれほど交流があるわけではなく、目標を登録して、毎日達成できたか軽ーい日記とともに記録して、達成率=達成した日数/経過した日数を出そうというものです。

 最初にトップページのグループを探すより、自分の目標にあったグループより日課とするタスクを登録、登録したタスクに対し、毎日「達成」「未選択(達成できず)」「お休み(ノーカウント)」を選択します。軽ーい日記も記録します。SNSという所以は同じ目標の人にコメントしたり、達成率のランキング(といってもトップ10一覧などがあるわけでなく自分で分かるだけ)があるからです。まあ、簡便なサイトです。

 僕は、「早起き」「自炊」「がんばる」「禁煙」を目標に登録しましたが、達成率は散々です。僕のマイページは自堕落な生活の記録になってしまっています。当ブログ、左下のプラグインにもタスク別の達成率が載ってます。

 ところで、このサイトの「禁煙を目指すグループ」の達成者リストには誰の名前もありません( 2006年 10月 27日 現在)これはどういうことでしょうか?

 実はこのグループ僕が作ったんです! おそらく僕一人しか登録しておらず、僕が一回も達成してないので達成者0人です(苦笑)なので、達成率0%でも禁煙ランキング1位になっています(再苦笑)

 この記事も喫煙しながら書いています。達成できるのはいつの日やら?
2006年 10月 16日 (月)

 本記事の正式タイトルは「単純化した構図で考えることのメリットと弊害」のつもり。長ったらしいのでこれにしました。

 すっきり考える(シンプルな構図で考える)と分かりやすいし、心地いい。思考効率も上がる。たとえばよくありそうな以下の文章。


女性は感情的な生き物だ。
逆に男性は論理的な生き物だ。
だから、女性が男性に悩みを相談するとき
すれ違いが起こりやすい。
女性は悩みを聞いて欲しい。発散したい。
なのに男性は論理的な解決策を探ろうとする・・・・・


 だけど、この文章がどんな状況でも成り立つのか考えてみる。

 ”論理的””感情的”って全然違う概念だと分けられる?論理的に思考するのは、論理的であろうとした結果・・・・の場合もあるけど、感情的な想いからかもしれない。例えば、揉め事を第三者が当事者の言い分を論理的、客観的に考えようとしたとき。その背後にあるのは「中立的、フェアな判断をしよう」という感情の結果かもしれない。目標達成の道筋を論理的に考えるのは目標を達成したいという感情が背後にあるからでは?

 感情は非論理的なのか?もし、感情にある種のパターンや規則がある場合、論理に近い概念ともいえる。

 さらに、人間は論理的と感情的なタイプに二分できるか?時と場合によって使い分けてる。判断には論理、感情、両方の要素がないかな。上記の文章と逆の感情的な男性や論理的な女性のパターンはないと言える?・・・・・
2006年 10月 15日 (日)

 最近、後悔祭りですw 今後の人生の身の振り方を決めなきゃいけない時期に差し掛かって、人生やり直したいなあとよく思ってます。正確に言うと後悔じゃないんですけどね。あの時ああすればよかったじゃなくて、昔に戻りたい。過去の自分の選択、行動はその時期の自分の判断能力からすると仕方ない部分があって、それについてどうこうというより、今の記憶を持ってやり直したい。まあ、無理な願望です。不合理なんだけど望むわけです。

 後悔の部分をちょっと考えてみると「やりたいこと」「できること」「やること」があって、「やること」が「やりたいこと」に寄りすぎてて、もっと「できること」を見つめていればよかったなと。ん?分かりにくいですか?文章だと伝えにくいことですね、これは。たいして難しい話じゃないんですが・・・

 ちょっとイメージで描写してみます。僕が今、X地点にいるとします。景色のいい場所に行きたい。そこで山の頂上A地点が見えるわけです。A-Xの直線を引いて、X地点からA地点を目指します。でも、その直線はけもの道で、困難だった。迂回しながらも頑なにAを目指すけど、なにも進まないし、歩きもしない。そんな感じでした、僕は。
 だから、無理にA地点を目指す必要はなかったと思います。よく「俺はなにもかも中途半端で・・・」のような言い方を目にします。しかし、僕の場合は中途半端どころじゃないです。3日坊主までもいかない、3日も続かない。逆境こそ成功の種があると成功哲学の本に書いてましたが、なんだかんだいっても、逆境より順境のほうが良かったです、僕はね。

 X地点からもっと見晴らしのいい道があって、その道を辿っていけばB地点に着く。最初からB地点を狙ってはいない。歩きやすい道、景色が良くなりそうな方向へ進んでいった結果です。こういう生き方をしていったほうが、より実利的だったと思う。しかも、先のA地点へは一生懸命進んで、たどり着かなかったでもないんです。道がいまいち見えなくて、怠けて進んでないんです。

 話を戻して整理すると、X地点にいたとして、やりたいこと(景色のいい場所)、理想(A地点)を頑なに目指すんじゃなくて、できることを伸ばしていく、その結果(B地点)自分のなかである程度、その程度は全然未知数ですが、満足する環境にしていく。そんな選択を行動をしていけばよかったなあと思います。「やりたいこと」と「できること」が全然、違うこと、2分されることだとは思ってないですよ。いくら「できること」を伸ばしても、自分の願望に合わなければ意味ない。バランスの問題です。「やりたいこと」「理想」に寄りすぎてた。「できそうなこと」「現実」を理想に加工していくというか、そっちのほうが結果的に「理想」に近づいていたと、そう後悔してますね。

 先日、「不可能を可能にする」という記事を書きましたが、これも見返すと、頑なにA地点を目指す志向に見えます。まあ、ケースバイケースですよ。頑なに目指したほうがいい場合もあるでしょう。でも僕はもっと「できること」を伸ばす志向があればよかったです。

 後悔記録、おしまい。
2006年 10月 10日 (火)

 今、何かを書くとおかしな内容になることは間違いないのです。

 それでも書きます。どういう動機なのか自分でも分かりません。
 僕は狂人ぶってるだけなのか、病んでるふりをしてるのか、無意識でやってるかもしれません。ただ、演技してる自覚がないのは確かです。丁寧語で書いてるのは気分です。
 
 最近、感情を知覚する機能が薄れていることに気づきました。ただ、薄れているだけで無くなってるとは考えにくいです。3連休でした?明日から学校ですか?僕には数時間に感じました。ずっと、ネットと布団の中ばかりだったからでしょう。昨日は煙草を吸いすぎました。たぶん、将来に悩みひどく怯えて恐れているのだと思います。本当はやらなければいけない課題が山積してるのですが、まったく手をつけてないし、自炊もしていません。なにかに怯えて、無気力でずっと布団の中でまるまっていました。このような状況から僕は怯えた、恐怖という感情を有していたことを推測します。推測と書くのは先に述べた通り、その感情を知覚できてないからです。でも、状況から無意識上では感情があるのでしょう。

 今、書くことが無くなりました。

 それでも無くなったはずのこの文章の続きを書いていきます。
2006年 10月 06日 (金)

 今日は11時に起きて、2度寝して変な夢を見ました。15時くらいに起きました。
 あー授業の申告する予定だったんだけどな、やばいなあ(苦笑)

 夢の中で大学の同級生の女子と電話してた。夢の中で僕は電話してて、あれ、なんでこの人と電話してんだろ?お互い番号知らないはずだし・・・・と不可解に思った。声がキャピキャピした感じ?ちなみにその人が本当はどんな声なのか知りません。ろくに話したこともないんで。

 ところで、なんでその人出てきたんだろう?好きなのかな、俺w いや、特に印象もないし・・・よく知らないから好きなわけでもないと思う。

 まあいいや、夢の続き。外は雨でひどい天気だねとか話した。住んでるアパートで電話してたんだけど、部屋にあるはずもない青い瀬戸物の灰皿があって、あれ?これどうしたんだろう?疲れてるのかな?幻覚?不可解さがピークに達したところで俺は目が覚めた・・・つもりだった。

 目が覚めた(本当はまだ夢の中)けど、体が動かない。アパートの外から笑い声が・・・被害妄想思考で自分が馬鹿にされてんのかと思う。確かめたいけど腕に力が入らず立ち上がれない。笑い声の方から発せられた単語に自分に関係あるワードが含まれてる。やはり、僕が馬鹿にされている。どうやら窓が開いているらしい。窓から授業にも出ず、寝てる僕をバカにしてんのか?窓閉めなきゃ。でも力を入れられない。体の調子が最悪だ。自由に(動かせるように)なりたい。

 ・・・と念じたら目が覚めた。時刻が気になったが15時。まあまあ。そんなに遅い時間じゃなかった。勝手に授業全休にしちゃったけど。

 夢の中で全身動かなくなった僕は心身のコンディションが大事だと思った。精神状態からくる不調もあるけど、体の調子など、ちゃんといい睡眠がとれてるかとか生理的なものもあるとおもう。

 そんなわけで?Willy(目標達成共有型SNS)始めました。左下のプラグイン「参加ポータル」にありますが。詳しくは近日中に記事にでもしようかと。
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。