絶望からスタートするブログ
基本的に独り言です。自分による自分のための言葉です。気分を害される方は読まないことをお勧めします。あなたの気を悪くすることは僕の本意じゃないので。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 11月 26日 (日)

 生理的にやりたくないけど、完成させなければいけない書類がありました。
 完成させないといけない、という意識があるので眠らないようにしました。

 しかし生理的に受け付けないので手が進みません。
 とりあえず起きてネットやゲームをしてました。意識の上では1時間後にやろう。と思うのですが、手が進みません。とりあえず起きてました、午前7時くらいまで。

 すると眠くなって日中寝てしまいました。19時くらいに起きます。書類を完成させなければいけません。しかし生理的に受け付けないのです。また起きてました。部屋を整理したり、自炊も後回しにして書類を完成させようとしました。しかし結局手をつけず。生理的に受け付けないからです。前日と同じようにただ起きてるだけでした。

 そんな生活を1週間近く続けてしまいました。余計他の雑務もたまってしまいました。

 そんな自分は愚かに見えました。客観的に見れば。

 だけども、なかなか自己管理は難しいです。

スポンサーサイト
2006年 10月 10日 (火)

 今、何かを書くとおかしな内容になることは間違いないのです。

 それでも書きます。どういう動機なのか自分でも分かりません。
 僕は狂人ぶってるだけなのか、病んでるふりをしてるのか、無意識でやってるかもしれません。ただ、演技してる自覚がないのは確かです。丁寧語で書いてるのは気分です。
 
 最近、感情を知覚する機能が薄れていることに気づきました。ただ、薄れているだけで無くなってるとは考えにくいです。3連休でした?明日から学校ですか?僕には数時間に感じました。ずっと、ネットと布団の中ばかりだったからでしょう。昨日は煙草を吸いすぎました。たぶん、将来に悩みひどく怯えて恐れているのだと思います。本当はやらなければいけない課題が山積してるのですが、まったく手をつけてないし、自炊もしていません。なにかに怯えて、無気力でずっと布団の中でまるまっていました。このような状況から僕は怯えた、恐怖という感情を有していたことを推測します。推測と書くのは先に述べた通り、その感情を知覚できてないからです。でも、状況から無意識上では感情があるのでしょう。

 今、書くことが無くなりました。

 それでも無くなったはずのこの文章の続きを書いていきます。
2006年 10月 06日 (金)

 今日は11時に起きて、2度寝して変な夢を見ました。15時くらいに起きました。
 あー授業の申告する予定だったんだけどな、やばいなあ(苦笑)

 夢の中で大学の同級生の女子と電話してた。夢の中で僕は電話してて、あれ、なんでこの人と電話してんだろ?お互い番号知らないはずだし・・・・と不可解に思った。声がキャピキャピした感じ?ちなみにその人が本当はどんな声なのか知りません。ろくに話したこともないんで。

 ところで、なんでその人出てきたんだろう?好きなのかな、俺w いや、特に印象もないし・・・よく知らないから好きなわけでもないと思う。

 まあいいや、夢の続き。外は雨でひどい天気だねとか話した。住んでるアパートで電話してたんだけど、部屋にあるはずもない青い瀬戸物の灰皿があって、あれ?これどうしたんだろう?疲れてるのかな?幻覚?不可解さがピークに達したところで俺は目が覚めた・・・つもりだった。

 目が覚めた(本当はまだ夢の中)けど、体が動かない。アパートの外から笑い声が・・・被害妄想思考で自分が馬鹿にされてんのかと思う。確かめたいけど腕に力が入らず立ち上がれない。笑い声の方から発せられた単語に自分に関係あるワードが含まれてる。やはり、僕が馬鹿にされている。どうやら窓が開いているらしい。窓から授業にも出ず、寝てる僕をバカにしてんのか?窓閉めなきゃ。でも力を入れられない。体の調子が最悪だ。自由に(動かせるように)なりたい。

 ・・・と念じたら目が覚めた。時刻が気になったが15時。まあまあ。そんなに遅い時間じゃなかった。勝手に授業全休にしちゃったけど。

 夢の中で全身動かなくなった僕は心身のコンディションが大事だと思った。精神状態からくる不調もあるけど、体の調子など、ちゃんといい睡眠がとれてるかとか生理的なものもあるとおもう。

 そんなわけで?Willy(目標達成共有型SNS)始めました。左下のプラグイン「参加ポータル」にありますが。詳しくは近日中に記事にでもしようかと。
2006年 09月 25日 (月)

 僕は頭でっかちな性格だと思う。
 行動力がない。頭の中で処理した後が続かない。

 物心ついたときから、というかつく前からそうだった。

 変わりたかった。
 動き出さなければはじまらない。机上の空論はあてにならない。
 何も進んでいない。

 でも、その部分は変わらない。
 生まれてからほとんどそのスタイルだったから。

 人格の大手術を試みるのは大変だ。
 今まで蓄積されたものを捨てて、新しい活動パターンに移行しなきゃいけない。

 だから、頭でっかちな性格のままでいい。
 もう少し、考えたことを実行に移せれば。
 もう少し、行動の中から何かを導き出せれば。
 そこから頑張ってみよう。

 今までを全部リセットしてゼロからスタートする、それはとても魅力的。
 環境、人格、能力・・・・今までのことは現在も引きずってる。
 全部リセットすることは、
 今までの中途半端に手にしてきたものすべて無に変えることを意味する。

 納得はいかないけど、現状を嘆くけど、満足いかないけど、
 中途半端に形作られた自分を消さないで、どうにか生かす方向で。

 ゼロからスタートとか、今日から新しい人生のはじまりとか、
 僕にはありえない。ありえる場合もあるだろうけど。

 納得いかない素材ではあるけど、
 それを少しずついじっていくしかない。
2006年 08月 11日 (金)

 この記事は花火を楽しんでいる方に水をさすひどい文章かもしれません。
 タイトルから嫌な予感がされた方は続きを読まないでくださいね。
2006年 07月 26日 (水)

 もうすぐ敵軍が本土まで進攻する。戦線もここまできたか。もはや、資源も戦力も残っていないし、戦う準備もまったく整っていない。もう希望を捨てて、降伏すべきなんだろうか。

 数週間前はこんな事態想定していなかった。まさか、ここまで来るとは・・・・・

 計画的に、援軍、物資を支援していれば、簡単な戦争だったはずだ。それなのに、見通しの甘さ、計画性のなさ、ああ、首脳陣は何をしていたのか!もはや戦況は立て直せない。いっそ、降伏してしまったほうが・・・・しかし、降伏は我々にとって死を意味する。だとしたら、玉砕覚悟で応戦すべきなのか?ああ、もうミサイルが、もはやこれまでか・・・・・
copyright (C) 絶望からスタートするブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。